夢は現実にならなくてもいい

●起
いつかはやるぞの何時の時間はどこに確保すべきか。それほど遠くに置いておく年代ではないことに気付く。忙しときにはやれないことが出来るようになるのはもうすぐかと思うけれど、その時には情熱とやらが残されているかなと。

●承
やることのないリタイヤ後の時間は永遠かと思うほど永いらしい。高校生の頃試験中に近くの海に行きたいとか解放感を求めて思っていたが、試験が終わると海に行かなくてもいいかとなった。

●転
ところで今の夢は。あれれ、ない・・・。
●結
人生は瞬間。そのときやらず後ではないのかもしれない。
チャンスは前髪しかないから、掴みそこなったらそこで好機は失う。
すべてが瞬間。でもね夢は夢でいいんだじゃないかとこの頃思う。それが夢だから。生きるために方向を持つためにモチベーションとして夢は必要だ。
だから夢は実現してもしなくても生きるために必要で夢は夢でいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です