毎度の就活

投稿日: カテゴリー: 就活

派遣会社の嘱託契約が終了しそうだ。一応会社の営業には派遣先を見つけてくれと依頼はしているがコロナの影響もあるからどうかな。年齢的に壁がある。定年も2度目を迎えて年金で暮らせるがまだ社会に参加している実感が必要だ。ボランティアであってもいいがまだお金になることをやる方がそのお金で夢を見ることができる。シニアで検索するとマンション管理人・ガードマン・ビル保守管理などが定番だ。清掃や介護なども多く、皆がやりたがらないけど所要があるものばかり。

技術者として生涯現役でこられた。今までの知識や経験を活かせると有利だけど、やってきたことをまたやるのも変化がなくてつまらないかなと思う。やってきたことはそれほど楽だったわけではない。やるとなるとうんざりなことも多く気が重くもある。プログラムで飯を食うというのはプログラムを完成させないと次の仕事の所要(派遣先)がなくなるということ。自分の時間のすべてを注ぎ込まないとできない仕事だったんだなあと今思う。だからこそ現役で生き残れてきた。

5月からコロナで自宅待機となった。6月も自宅待機とのことで支給額の減る自宅待機(基本給の80%:コロナで70%が80%になっている)でなく有給休暇消化とした。有給休暇はこの時点で37.5日あると伝えたら7月まで雇用契約を延長してくれた。
有給消化中は人生の夏休みで自由を満喫している。人生の夏休みは2度目の定年時点で必要だね。しかし夏休みには宿題がつきものだ。宿題はやってるかと自分の内から声がする。宿題は次の仕事の準備か。夏休みに慣れてしまった体も頭も学校に戻りたくないようだ。
まだ元気だし年金だけで余裕のない暮らしもしたくないから7月ぐらいから仕事をしたいが以下もやってみたいので1週間社畜でフルタイムはしたくない。
●考えている仕事
1.セドリ(古物商新生中)
2.週末ワーカーでのプログラム作成
3.オフィスのVBAなどでの自動化

さてどうなる!?

サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ

投稿日: カテゴリー: フリーランス就活生活

●やっぱり水が合わないところは駄目だ
コロナ騒ぎはまだ収束しない。人の異動が制限されたので在宅で仕事。といってもそれほどの仕事ではない。本日リモートで面談。5月は休業待機を伝えられる。6月から仕事と言っているけれど1月採用されてこれといった仕事は最初の営業同行の出張で少し盛り上がっただけ。期待してくれていると思って喜んだが会社としての要望にこの部門は応えられそうもない。ともかくこの職場は間接部門であり雑用係でしかない。多分6月の再雇用の話はない。もはやここまで。

●働き方改革で日本は変貌する
企業も技術者を育てることをしなくなった。日本型の終身雇用が崩れてしまっている。非正規雇用の技術者が活躍できる時代がくる。年金も68歳まで出なくなることは必至な気がする。長い年月働くことになるから働き方改革を自分にも問わないとならない。専門職として生きるかマネジャーとして生き残るか。主任・係長・課長・部長・役員へと順番でという時代は終わった。それも随分前に。
サラリーマンは気楽な稼業ではなくなっている。
派遣会社もこのところいい調子で働き方改革の先鋒に立って動いていると思っていた。しかし今回の間接部門でやっぱりここは周旋屋でしかなくどこか胡散臭いと思い知らされる。景気が悪くなれば相変わらずの派遣切りであり正社員が輝いて見える。新卒で派遣会社から始めるのはやはり間違っている。タイミングを外してしまった若者の受け皿にはなっているが、結局非正規雇用者を増やすことに一役買っているだけだ。

●間接部門
小生はもはやな年代なので給料出ればどこでもOKではあるがここは駄目だ。技術者を理解できる輩が不在だ。理解できない輩に技術提案しても空しいだけだ。
技術職だけできたから間接部門も新鮮だった。オフィイスも東京の一等地であり以前の事業所の女っ気のなさに比べれば娘たちの潤いもある。
男だらけのスパルタンな殺風景な開発現場も飽き飽きしてたからサラリーマンの終の棲家とすれば文句は言うまい…

●それではどうする
1週間在宅してみて縛りのある在宅にはうんざりすることが分かった。時間的なものを自己管理できてこその在宅というかノマドである。
今回久々のC言語講師をやってみた。これはこれでいい勉強だった。そしてこの半年で組込みを見直してみる機会にもなった。しかし仕事で組込みをやりたいかと言われれば「もういいかな」という気がする。

●少し時間が欲しい
WEB系のプログラマで飯が食えないかなと以前から思っていた。Androidのプログラマちうのもあるがやってみると力仕事で魅力があまりない。面倒なだけでどこが面白いのか分からない。phpでいいかなと思う。さて楽に稼げる方法を考えよう。辛い仕事はもういい。趣味でやるべきだ。まあ今までも趣味だったけど。

就活その後

投稿日: カテゴリー: 就活

あれから暫くして会社から連絡があった。神奈川に仕事があるという。通勤時間がだいぶかかる。IoTでセンサーをそれを集約する云々。
これは面白そうだ。いい感じで面談を終えたが5か月の仕事だ・・・。継続的にありそうだがどうかな。人がいないから急遽派遣のような。
次の日、本社で人材育成をやって欲しいというので面談に出向いた。こちらもいい感じで面談を終えた。金曜の社内連絡会議で決まるとのこと。
支店長から人材育成の仕事に決定したと連絡があった。現役でやるのも面白いが、そうでない仕事もしてみるのもいいかなと。
来年の仕事ができたのが何よりで、仕事にも変化は必要だ。同じことだけやってても面白くない。
以前の講師の仕事はお断りした。10日締めで翌々月支払い。出張中は酒は飲まないと契約にある・・・。最悪な雇用条件だ。そんなところでも他になければしがみ付かないとならない。まあ自分の可能性を低く見ないでもと思うけれど、そのときは周りは見えていない。

来年は新たな年だ!